マイナンバーソリューションの内容について


マイナンバー制度が設けられたことにより、企業は、従業員の給与や健康保険、厚生年金等の手続きにおいて、本人のみならず、扶養家族に関してもマイナンバーを収集し管理をする必要があります。
収集をした場合には特定個人情報保護委員会によるガイドラインに沿った運用を行なう必要があり、ここでは、安全管理の措置、基幹システムへの対応、マイナンバー収集、利用や提供、保管管理、廃棄といった内容に対処が求められることになります。マイナンバー対策の1つにソリューションの活用があります。

All Aboutの情報を掲載しています。

制度では、企業側にとっても、何から手を付けてよいのか分からないことも多く、この場合には制度のサポート会社が提供をするソリューションを活用することでスムースな運用ができるようになります。必要な基本方針の策定や取扱規定の策定が終了していない場合、取得や管理方法が決まっていない場合においても適切な対策を行なうことができるようになり、コストを抑えた管理をすることが可能となります。

提供されるソリューションの内容としては、サポート会社によって若干の違いはあるものの、イメージとしては、従業員や個人支払先からのマルチデバイス入力によって情報を集め、サポート会社が管理をすることになります。



企業は、利用する場合に限り照会を行なうことになり、それぞれにセキュリティシステムが設けられているために、安全に管理、利用ができる内容となります。

提供されるシステムでは、例えば、業務の追加や見直し、管理方法の追加などに関しても迅速に対応をすることが可能となっており、企業側にとっても様々なメリットがあります。

マイナンバーのソリューションについて考察してみましょう。