マイナンバーの収集と管理のサービス


平成28年1月から行政手続きに関し利用開始となったマイナンバーは社会保障や税金の分野でも活用されることから、従業員の源泉徴収を代行する企業は所属する従業員のマイナンバーを収集し、自社で管理しなければならなくなりました。ただこれは個人情報のため適切に管理し安全措置を取る必要があり、これらの業務に人員や経費を割かなければならないことから企業の負担が大きくなっています。


このことから企業の負担を減らし、安全に管理するマイナンバー管理サービスが誕生しました。
このサービスは主に企業に代わって従業員からマイナンバーを収集し、専用のデータセンター内に蓄積して管理をします。



一般社員より出入りの激しいアルバイトやパートとして勤務する人達の情報も動きがあればその都度追加と破棄を行います。

今すぐ使えるビジネスジャーナル情報サイトです。

さらに年末調整の際にデータセンター内から必要な情報をピックアップして法定調書や源泉徴収票などを作成してくれるため関連業務の負担をさらに減らすことができます。

またセキュリティー対策の行き届いた管理サービスなら専用のセキュリティーゾーンを設置し、生体認証ゲートや監視カメラなどを用いた物理的な対策も行っているため、情報漏洩のリスクがシステム上の対策だけを施しているサービスよりさらに低くなります。

この他管理サービスでは社内における情報収集プロセスのガイドラインの構築や、従業員に対しマイナンバーを収集することへの同意や利用目的に関する文書作成の代行も行います。

気軽にマイナンバーのサービス関連情報サイトです。