マイナンバーの管理はアウトソーシングできます


マイナンバーは住民票のある国民に12桁の番号をあたえて税や社会保障にかかる行政の業務を効率的に行うようにするものです。

これらは通知カードという形で各自に届けられます。
通知カードには個人番号が明記されていますが、これだけでは個人を証明するために使用することはできないため、通知カードと免許証などが必要となります。

個人番号カードを申請してそのカードを手に入れることで個人を証明するカードとして利用することができます。

税や社会保障の手続きの際はこの個人番号カードがあれば本人確認までできるということになるのです。

マイナンバーは企業でも取り扱いが必要になります。

それは企業では従業員の源泉徴収票を取り扱うことになり、社会保険の手続きも行う必要があります。

源泉徴収票の印刷や社会保険の手続きにマイナンバーが必要になってくるということになりますが、これらは個人情報にあたるためその取り扱いには注意しなければならないのです。

企業では採用や退職があります、採用したときには収集して退職したら抹消するなどの処理を行い管理が必要になります。

マイナンバーの収集から本人確認を行い、その管理に至るまで企業内で担当を作って行うにはコストもリスクもかかってきます。



このような管理業務はアウトソーシングすることができます。

Girls Channelの情報が欲しい方必見です。

アウトソーシング先の会社はそれを専門に取り扱い、管理方法などその仕組みを確立しているのです。


マイナンバーは自社内で管理せずにアウトソーシングが可能なのです。

マイナンバーのアウトソーシング関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。